有限会社あゆむ・くらし工房--板倉の家--

住む人の健康とエコロジーを考えた家づくり「板倉構法の家」

【お問い合わせ】0120-969-066

木へのこだわり

国産の木を使う理由

国産材で家を建てるのに使う木のほとんどは、人工林(人が植えたものであり自然林ではない)です。木は住宅に使われるまでには最低30〜60年の年月が必要なのですが、国産の木その間は草刈り・枝打ち・間伐など作業を行いながら育てます。それをしないと山は荒れてしまいます。ところが現在は林業に携わる人々が少なく、手入れが行き届かなくて山は荒れ放題となってしまっているのです。つまり家を建てる人が国産の木を使って建てることが、国産の木に価値を持たし山を活性化させます。私たち日本人のほとんどが山のある下流に住んでいますが、山が荒れると山の保水力が無くなり、土砂崩れや鉄砲水が起こりやすくなります。私たちの生活環境を守るために国産の木を使うのです。また、外国材は日本の気候風土に適していない木が多くあり、害虫被害なども多くあり薬剤処理が不可欠な材料です。室内環境汚染などを引き起こす可能性もあるかもしれません。今は安価であるという利点もあるのですが、他国の環境破壊を起している要因のひとつでもあり、年々厳しい規制が敷かれています。

木材の製品管理徹底の理由

木の家を建てるために不可欠なのが、木の製品管理です。良質の木材をしっかりと乾燥し使用することによりよい家が建てられます。当たり前と思われるでしょうが、意外と乾燥していない木を使っている建築屋さんが多いのです。なぜか。それは乾燥させる場所を持っていない材木屋さんや大工さんが多くなったのと、自然乾燥し日割れた木材を製品として売りにくいことから、製材したら直ぐに製品として売ることを考えているからです。昔は伐採し山の斜面で葉枯らし乾燥 → 材木屋で丸太のまま乾燥 → 製材加工して乾燥 → 大工小屋にて乾燥と長期間をかけて自然乾燥を行いました。お客様も何年も前から家を建てて欲しいと依頼して待ちました。現代では、受注を受けてから着工までの工期が短くなってしまい、受注を受けてから木材を発注しなくてはならない状態となっていることも大きな要因です。当社の使用している木材は、徹底した乾燥と製品管理を行っている材木店と契約を行い仕入れています。実際に見てご確認いただくことが可能です。

木材の乾燥

木材産地の明確化(ご希望のお客様には木材の産地・乾燥場をご見学いただきます。)

お客様の木材確認家を建てる前に、どんな木が使用されるのか気になりませんか。当社では、ご希望のお客様には木材の産地にお連れして木材乾燥の現場を実際に見て頂くことを行っています。また、産地認証・品質認証の木材を使用しますので、産地や品質が保証されているのです。

■ 当店で使用する木材産地

杉材…岐阜高山地方
桧材…三重産材使用

合板(ベニア)を構造には使わない理由

一般に合板を屋根や耐力壁に良く使用されているのを見かけますが、当社は構造に合板使用は致しません。合板は短期的には強い強度を持った材料ですが、所詮は薄い板を接着剤で張り合わせただけの建材です。屋根や外壁の温湿度差が生じやすいところへの使用は、長期的に見ると接着強度が弱まる危険性が非常に高いと云えます。よく屋外などでバラバラになった剥離した合板を見かけませんか。日本の気候風土に合板は合っていないと思うのです。ですから主要構造部への使用は危険だと思います。